ポケGO 役立ち情報

ポケモンGO|BAN(ストライク)の症状と解錠方法のまとめ!禁止行為を徹底解説!

[vkExUnit_ad area=before]

記事冒頭から衝撃的な図を使用しましたが、ポケモンGOをプレイする人なら見た事がある方もいるのではないでしょうか。

普通にプレイする方々は基本的に目にする事は無い画面かと思いますが、ツールを駆使してプレイするガチ勢の方は割とよく目にするかもしれません。

今回の投稿では、BAN(ストライク)に関して以下を解説をしていきます。

  • どんなプレイをするとBAN(ストライク)を受けてしまうのか
  • BAN(ストライク)の症状にはどんな種類があるのか
  • BAN(ストライク)を解除するにはどうすれば良いか

大切なイベント等の前にペナルティを受けBAN(ストライク)になるのは勿体無いので、健全なプレイで正しくポケモンGOをプレイしたいものです。

それでは解説です!

BAN(ストライク)とは

BAN(ストライク)とは一言で言えば、不正プレイのペナルティのことです。

この不正プレイはどんな内容かというと、実はポケモンGOから明確な項目が提示されておらず、普通にプレイしていてもある日突然不正プレイと判定され、BAN(ストライク)を受けたという報告も聞く事があります。

ただ、基本的に普通にプレイするだけでは不正プレイ判定される事はありません。

なお、BANはゲーム業界一般名称で、ポケモンGOゲーム内では”ストライク”という言葉が使われます。

また、ストライクにも段階があり、不正プレイの程度でより重いペナルティを受ける事があります。

BAN(ストライク)症状のまとめ

BAN(ストライク)の段階

BAN(ストライク)には段階があり、不正プレイの内容によって判定されます。

以下がBAN(ストライク)症状の段階一覧です。

ストライク(軽度) 一時的にポケモンを捕獲するのが不可能になったりと一部のプレイに制限がかかる
ストライク1 7日間プレイ不可能
ストライク2 30日間プレイ不可能
アカウント消滅 アカウントが無くなる

ストライク(軽度)のペナルティ内容

ストライク(軽度)の症状一覧

ストライク(軽度)では以下のペナルティを課せられます。

症状 内容 原因
捕獲不可 一時的な症状。ボールを投げても捕まらず、すぐに逃げられる。
  • 位置情報エラー
  • 複数で同一アカウントでログイン
  • 移動しすぎ
  • 捕獲しすぎ
ポケストップ回せない 一時的な症状。ポケストップを回す事ができない。
  • 位置情報エラー
  • 複数で同一アカウントでログイン
レイドバトル捕獲不可 一時的な症状。レイドバトル後のゲットチャレンジで捕獲できない

ストライク(軽度)の原因まとめ

原因① 位置情報エラー

都心やビル密集地帯でプレイする際、電波の悪い場所だとGPSの位置情報エラーによりあり得ない場所に移動する事があります。

ポケモンGOではあり得ない距離の移動は不正プレイと見做されて、捕獲不可のペナルティとなります。

原因② 同一アカウントでログイン(多重ログイン)

同一アカウントを複数の端末でログインする(多重ログイン状態)をした場合、規約違反と見做されて、捕獲不可のペナルティとなります。

また、同時タイミングでのログインでなくても、かなりの距離(例えば東京と沖縄)で数分の差でログインしても多重ログインと見なされます。

原因③ 移動距離が異常に多い

1日の移動距離が100km以上となる日が連日となった場合、外部ツール使用と見なされペナルティとなります。

例えば振り子ツール等を用いた場合で、上記ペナルティを受けた報告を聞いています。

タマゴから期間限定ポケモンが生まれる等のイベントの際は気を付けましょう。

原因④ 一定期間で捕獲数が過剰

一定期間内で通常ではあり得ないほど過剰にポケモンを捕まえるとペナルティ判定となります。段階は2段階あります。

  • 1週間で14000匹まで捕獲
  • 24時間で4800匹まで捕獲

発症する原因の例として、位置偽装でポケストップ密集地帯で延々と捕獲を継続すると発動します。

ストライク(軽度)の解除方法

時間をおけば自動解除されます。しばらく時間を置いて、症状が回復しているか確認を行いましょう。

ストライク1のペナルティ内容

重篤な規約違反と見なされた場合、初回はストライク1となります。

ストライク1症状一覧

ストライク1では以下のペナルティを課せられます。

  • 7日間一切のプレイが不可
  • マップは表示される
  • ポケモンやポケストップ・ジムが何も表示されない

ストライク1の原因

以下、原因例となります。

  • 意図的なGPS位置偽装
  • アカウント売買の発覚
  • など

ストライク1の警告画像

ストライク1の解除方法

7日間、ただひたすら時間が過ぎるのを待ちます。他に対処法はありません。

ストライク2のペナルティ内容

ストライク1を受けた後に、重篤な規約違反を繰り返し行うと、次のフェーズはストライク2となります。

ストライク2症状一覧

ストライク1では以下のペナルティを課せられます。

  • 30日間一切のプレイが不可
  • マップは表示される
  • ポケモンやポケストップ・ジムが何も表示されない

ストライク2の原因

以下、原因例となります。

  • 意図的なGPS位置偽装(例えば海外を短時間で転々と移動する、等)
  • など

ストライク2の警告画像

ストライク2の解除方法

7日間、ただひたすら時間が過ぎるのを待ちます。他に対処法はありません。

アカウント削除

ストライク2を受けてもなお、重篤な重篤な規約違反を繰り返し行うと、最後のフェーズはアカウント削除となります。

BAN(ストライク)の対策

不正行為をしないのが一番

トレーナーガイドラインには、不正行為(位置情報偽装やチートツールの利用)などをした場合はBANの対象となることが明記されています。

またBANされた場合は、問い合わせても一切の返答をしないことが利用規約に記載されています。

そのため、メインアカウントでは不正行為をしないようにしましょう。

リンク

ポケモンGO|自宅や近所のポケストップ申請を通すコツ!審査員側からの視点をご紹介!申請したポケストップの審査で不合格となり中々審査が通らない ポケストップ審査員は何を判断して合否を決めているのだろう ポケストップの申請を行っているプレイヤーの方は1度はこのような悩みに直面したことがあるのではないでしょうか。せっかく申請したスポットが承認要件を十分に満たしていても、 申請時の入力内容によっては不合格となってしまう たまたま審査員の気分によって不合格となる という事もあったりします。そこで今回は、ポケストップを申請する上で気を付けたいポイントを詳しく解説していきたいと思います!この記事を読む事で、以下の効果を期待することができます。 適切な申請内容の記載によるポケストップの申請が通る確率が上がる それでは早速解説を進めていきたいと思います!...
ポケモンGO|アグノム・エムリットを捕獲する方法!海外ポケモンのレイドバトルに参加!日本では入手が不可能な伝説のポケモンの代表に「アグノム」と「エムリット」があります。 この2体のポケモンはヨーロッパ大陸...
ポケモンGO|最新レア度ランキング!入手が難しいポケモンを難易度別に紹介!ポケモンGOは今年5周年を迎え、実装されたポケモンは700種類を超えました!その中には海外でしか入手ができないポケモンやイベントでしか入手ができないポケモン、またタマゴからしか入手ができないポケモン等、色々な入手条件のポケモンが存在しています。今回はその中でレア度をランキング形式で紹介していきます!ぜひ皆さんのモンスターBOXと照らし合わせてみてください。...
ポケモンGO|オートキャッチデバイス徹底比較!自動捕獲ツールで日常のポケ活を効率化!コミュニティデイなどで人が集まるイベント時に街中でポケ活をしていると、何やら不思議なデバイスを片手にポケモンGOをプレイしている人を見かけませんか? それはもしかしたらポケモンGOを自動化するオートキャッチデバイスかもしれません!...
ポケモンGO|キラポケモンを狙って作る方法!色違いの伝説のポケモンのキラコンプ勢必見!「キラポケモン」はポケモンGOのやり込み要素として非常に人気があり、その光溢れるエフェクトを求めて毎日大量に交換を繰り返す方も多いのでは...
ポケモンGO|色違いのポケモンの捕獲数を増やす方法!色違いが自動で捕まる方法を解説!「ポケモンGO」について、「色違い」ポケモンの捕獲数を増やす方法や、「色違いポケモン」が自動で捕まる方法を解説しています。 みんな...
ポケモンGO|コミュニティデイ攻略まとめ!100%個体値の捕獲方法や過去開催情報も解説!「ポケモンGO」についてコミュニティデイの徹底攻略方法を解説しています。 「ポケモンGO」の最大のイベントである「コミュニ...

フォローよろしくお願いします。

[vkExUnit_ad area=after]
ABOUT ME
bananamoon
サブカルチャー情報を総合的に発信しています。主にポケモンGOの攻略情報、おすすめゲームソフトの紹介、雑誌・漫画のサブスクリプションの情報を取り扱います。
PAGE TOP