ポケGO 役立ち情報

徹底レビュー!最新オートキャッチ Pocket auto catch LIGHT|ポケGO

[vkExUnit_ad area=before]

ポケモンGOについて、最新オートキャッチデバイス「Pocket auto catch LIGHT」を実際に使用したレビューを解説しています。

ポケ活を便利にしてくれる「自動捕獲ツール=オートキャッチ」の最大手「Brook」社から、満を持して発売された最新モデル「Pocket auto catch LGIHT」。

このモデルは、過去に発売されたモデルの反省点を活かした最強のオートキャッチデバイスとして大きな注目が集まっています。

そんな「Pocket auto catch LGIHT」を入手することができたので、今回は実際に使用して感じた良かった点・悪かった点をレビューしていきます。

この記事の要約

最新オートキャッチデバイス「Pocket auto catch LGIHT」について、

  1. 商品の特徴を解説
  2. 実際に使って感じたメリット(良かった点)を解説
  3. 実際に使って感じたデメリット(イマイチな点)を解説

 

これを読めば、「Pocket auto catch LGIHT」がめちゃめちゃ欲しくなるはず!

Contents(読みたい項目にジャンプできます)
  1. 最初に結論|Pocket auto catch LIGHTは最強のオートキャッチデバイス!
  2. そもそもオートキャッチデバイスとは?
  3. 最強のオートキャッチデバイス「Pocket auto catch LIGHT」|製品概要
  4. 最強のオートキャッチデバイス「Pocket auto catch LIGHT」|メリット(良かった点)
  5. 最強のオートキャッチデバイス「Pocket auto catch LIGHT」|デメリット(良くなかった点)
  6. 最強のオートキャッチデバイス「Pocket auto catch LIGHT」|BANされるリスクはある?
  7. 最強のオートキャッチデバイス「Pocket auto catch LIGHT」|まとめ
  8. リンク

最初に結論|Pocket auto catch LIGHTは最強のオートキャッチデバイス!

過去最高の完成度のデバイス!

Pocket auto catch LIGHT(以下、LIGHT)」は過去最高の完成度のオートキャッチデバイスに仕上がっています!

筆者は過去、いろいろなオートキャッチデバイスを使用していますが、使い勝手が非常に良く、満足度がダントツで高かったです。

さすが老舗のBrook社が満を持して発売しただけあり、これまで発売されてきた製品の反省点が良く活かされているな、といった感じです。

過去のオートキャッチデバイスの反省点が活かされていて、過去最高の完成度! 

わずか10gなのに2アカ対応のハイスペック!

LIGHT」は、ポケモンGO公式のオートキャッチデバイスの「ポケモンGO PLUS+」と比較すると良く分かりますが、LIGHTは非常に小さく、荷物の邪魔になりません。

また、このサイズなのに2アカウントに接続可能で、筆者のような複アカプレイヤー向けの仕様となっています。

わずか10gなのに、2アカウント接続が可能なハイスペックで、複数アカウントプレイヤーに嬉しい!

バッテリー駆動15時間に加えてUSBタイプC充電が可能

LIGHT」は、スペック表でバッテリーの駆動時間は15時間となっていますが、実際に使用すると20時間は持ちます。

そのため、コミュニティデイ等のイベントでも充電無しで使用が可能です。

また、充電はUSBタイプCのため、モバイルバッテリーがあれば出先でも簡単に充電できます。

USB Type-C接続に対応しており、充電に困らない!

バッテリーがスペックより長持ちするので長時間イベントでも問題無し!

その他、「LIGHT」の優れたポイントについては、後述でお伝えします。

そもそもオートキャッチデバイスとは?

ポケ活を便利にしてくれる神ツール!

そもそもオートキャッチデバイスについてざっくり説明すると、機能は大きく2つあります。

  1. 野生ポケモンの自動捕獲
  2. ポケストップを自動で回してアイテムを回収

それではそれぞれの機能を詳しく見ていきましょう。

①野生のポケモンを自動で捕獲

野生のポケモンに反応して、自動でモンスターボールを投げてくれることで、ポケモンを勝手に捕獲してくれます。

この機能がオートキャッチデバイスを使用する一番のメリットです。

通勤通学中に勝手にポケモンを捕まえてくれることで、ポケモンはもちろん、星の砂もガンガン貯めることが可能です。

100%捕獲できるわけでなく、50%の確率で逃げられる事があるのでレアポケモンを捕獲する際は注意が必要です。

もしも手動でタップするより自動キャッチが先に捕捉した場合、自動キャッチの結果が優先されてしまいます。(最悪の場合逃げられます)

②ポケストップを自動で回しアイテムを回収

近くのポケストップを捉えて自動で回してアイテムを回収してくれます。

その為、モンスターが捕獲されボールの数が減っても、ポケストップが近くにある限り常に補給してくれるので非常に便利です。

最強のオートキャッチデバイス「Pocket auto catch LIGHT」|製品概要

製品概要

LIGHT」の製品概要は以下のとおりです。

商品名スマホアプリ ポケモンgo用  Pocket Auto Catch Light(ポケット オートキャッチ ライト)
発売⽇2023年8⽉
商品仕様
  • 重量:10g
  • サイズ:32mm × 32mm × 15mm
  • Bluetoothバージョン:4.0以上
  • 技適認証:取得済み
接続可能デバイス数2
価格¥11,980
販売先Amazon、楽天、など

同梱物

LIGHT」の同梱物は以下のとおりです。

充電用ケーブルが付属してないオートキャッチデバイスが多い中、「LIGHT」はUSB Type-C が付属しているのが嬉しいですね。

①製品の箱

②日本語説明書 ×1

③Brook公式 ブラックレザーキーケース x1

④Pocket Auto Catch Light 本体 ×1

④Type-C to C ケーブル x1

⑤メッセージカード x1

⑥Brook Gaming 看板娘ステッカー x1

製品を保護するレザーキーケースが付属しているので、新しく買わなくても、製品にキズが付く心配が無いのが大きなメリットです。

この付属のレザーキーケースは革製となっており、おまけとは思えない高級感を演出しています。(amazonで買ったら2,000円はしそうなのでお得感有り◎)

また、看板娘の「Brookちゃん(勝手に命名)」のシールが付いているのも特徴で地味にイラストのクオリティが高いのが個人的に好印象。笑

最強のオートキャッチデバイス「Pocket auto catch LIGHT」|メリット(良かった点)

LIGHT メリット一覧

LIGHT」を実際に使用して感じたメリットは次のとおりです。

LIGHTのメリット(良かった点) 一覧
  1. わずか10gに最新技術が結集!
  2. 2台のアカウントと接続が可能!
  3. USB Type-C 対応で充電が容易!
  4. バッテリーが20時間と長持ち!
  5. デザインがおしゃれで Apple Air Tag のケースが使用可能!
  6. 専用アプリによりポケモンGOにアップデートが入っても大丈夫!

 

それぞれ詳しくみていきましょう。

①わずか10gに最新技術が結集!

LIGHT」の最大の特徴は、製品重量が10gと、とにかく軽量なのに、必要な機能が全て詰め込まれている点です。

公式の「ポケモンGO Plus+」と並べてみると、そのサイズ差は明確!カバンに入れても絶対に嵩張りません。

②2台のアカウントと接続が可能!

オートキャッチデバイスは1つのアカウントしかペアリングができない製品が多い中、「LIGHT」は2つのアカウントと接続することが可能です。

下図で示しているのは「LIGHT」がペアリングできるパターンです。

  • パターン1では、2台のスマホにそれぞれ1アカウントが入っている場合で、スマホ2台をペアリングすることが可能です。
  • パターン2では、スマホ1台に2つのポケモンGOのアカウントが入っている場合ですが、それぞれペアリングすることが可能です。

このような仕様は公式のオートキャッチデバイスには無いので、「LIGHT」の大きな強みとなっています。

また、最新のICチップが内蔵されているため、安定した接続が可能で、ポケモンをガンガン捕獲してくれます。

③USB Type-C 対応で充電が容易!

充電はUSBタイプCのため、モバイルバッテリーがあれば出先でも簡単に充電できます。

最近では、給電可能なスマホも多く発売されているため、最新スマホがあれば充電することも可能です。

④バッテリーが20時間と長持ち!

こんなに小型ながら、1時間でフル充電でき、最長15時間の連続使用が可能なのが大きな特徴!

実際に使用すると20時間は連続使用することができるので、コミュニティデイなどのイベントで途中充電すること無く、終始プレイすることが可能です

⑤デザインがおしゃれで Apple Air Tag のケースが使用可能!

LIGHT」は、卓越性を認める国際的なデザイン賞である「レッドドット・デザイン賞」を受賞していることもあり、デザイン製に優れているのもポイントです。

なお、Apple Air Tag ケースにも対応しているため、お気に入りのケースに入れてアクセサリー感覚で使用することも可能です。

付属ケースも質感が高いため、高級ブランドバッグに取り付けても、雰囲気を損なうことが無いものグッドポイントです。

⑥専用アプリによりポケモンGOにアップデートが入っても大丈夫!

「LIGHT」の大きな魅力の一つとして、専用アプリが配信されており、ポケモンGO自体に大きなアップデートが入ったとしても、使用不可能になることがありません。

また、この専用アプリからも色々な設定の変更が可能です。(ポケモンGOの設定変更画面は非常に分かり辛いので、この機能は非常にありがたいです)

最強のオートキャッチデバイス「Pocket auto catch LIGHT」|デメリット(良くなかった点)

LIGHT デメリット一覧

「LIGHT」を実際に使用して感じたメリットは次のとおりです。

LIGHT デメリット(良くなかった点) 一覧
  1. 製品が高額
  2. その他は特になし

 

それぞれ詳しくみていきましょう。

①製品が高額

「LIGHT」は最新技術が結集されているため、定価が11,980円(Amazonだと約9,000円程度)と、安い商品ではありません。

ただ、先述の通りメリットが多々ありますので、価格以上の価値があるのは間違いありません。

②その他は特に無し

「LIGHT」を実際に使用した上で、価格以外では特に気になるところはありませんでした。

さすがはオートキャッチデバイス最大手「Brook」社の最新モデルです。

最強のオートキャッチデバイス「Pocket auto catch LIGHT」|BANされるリスクはある?

BANされるリスクは無い!

非純正品のオートキャッチデバイスを使用することでBANされないかな?ちょっと不安...

と心配される方が非常に多いと思いますので、この点について触れたいと思います。

結論から言うと、BANされる事は限りなくありません!

オートキャッチデバイスに搭載されているチップセットは公式デバイスと同じものを搭載しており、ポケモンGOは純正の「Pokemon GO Plus」として認識をします。

逆に言えば、純正の「Pokemon GO Plus」がBANされないので大丈夫です。

ちなみに、私は過去2年ほどオートキャッチを使用していますが、使用不可となったりBANされたと言うことは1度も無く非常に快適に使用できております。

最強のオートキャッチデバイス「Pocket auto catch LIGHT」|まとめ

最新最強のオートキャッチデバイス「Pocket auto catch LIGHT」の魅力をお伝えしてきましたが、いかがでしょうか。

これまで数多く発売されてきたオートキャッチデバイスに対して、後発のモデルのため、デメリットと言える点がほぼ無く、素晴らしい完成度となっていることがわかりました。

このモデルを買えば間違い無いでしょう。

この記事がオートキャッチデバイスの購入を迷っているプレイヤーの皆さんの悩み解決になれば幸いです。

リンク

https://thebridge.jp/prtimes/496602

ポケモンGO オートキャッチおすすめ徹底比較|2024年最新版コミュニティデイなどで人が集まるイベント時に街中でポケ活をしていると、何やら不思議なデバイスを片手にポケモンGOをプレイしている人を見かけませんか? それはもしかしたらポケモンGOを自動化するオートキャッチデバイスかもしれません!...

フォローよろしくお願いします。

[vkExUnit_ad area=after]
ABOUT ME
bananamoon
サブカルチャー情報を総合的に発信しています。主にポケモンGOの攻略情報、おすすめゲームソフトの紹介、雑誌・漫画のサブスクリプションの情報を取り扱います。
PAGE TOP