エンタメ

2022年最新|audible(オーディブル)の料金・評判・メリット・解約方法を解説!

[vkExUnit_ad area=before]

朗読を聴いて、本を”耳”で読む。Amazonのオーディオブックサービス「Audible(オーディブル)」について解説しています。

本を読んでもっと勉強したい

通勤電車や自動車で本が読めればな。。


小説の続きが気になるけど、歩きながらスマホで本を読むのは危険だよな

日々通勤に多くの時間を取られているサラリーマンの皆様。お気持ち非常に分かります。

そんな皆様にお勧めしたいのが、聞く読書Audible(オーディブル)

Audible(オーディブル)」なら、移動時間に本を”半強制的”に勉強できちゃいます。

今回はそんな「Audible(オーディブル)」について、オーディオブック歴2年の私が以下の内容について解説していきます!

Audible(オーディブル)について

料金や支払い方法が分かる
口コミや評判が分かる
メリット・デメリットが分かる
解約方法が分かる

それでは解説していきます。

\今なら2ヶ月無料キャンペーン実施中!/
Audible(オーディブル) 公式HPはこちら

Contents(読みたい項目にジャンプできます)
  1. Audible(オーディブル)とは
  2. 「Audible(オーディブル)」の料金プラン
  3. 「Audible」と「audiobook.jp」の料金・配信数を徹底比較!
  4. 「Audible(オーディブル)」の会員特典
  5. 「Audible」のメリット
  6. 「Audible」のデメリット
  7. Audibleはどんな人に向いている?
  8. 「Audible」の退会方
  9. まとめ
  10. 関連リンク

Audible(オーディブル)とは

Audible(オーディブル)」をざっくりまとめると以下のサービス内容になります。

Audible(オーディブル)とは

Amazonが運営するオーディオブックサービス
月額1,500円(税込)で聴き放題
ただし一部聴き放題の対象外がある
聴くだけなのでイヤホンを耳に挿すだけの手軽さが魅力
品揃えが豊富で聴き放題は12万冊以上
聴き放題対象外でもKindle購入より安価な場合がある

Amazonが運営するオーディオブック

Audible(オーディブル)」は「Amazon」が運営するオーディオブックサービスです。

世界を代表する大企業である「Amazon」のサービスなので安心して利用する事ができるのが魅力です。

月額1,500円(税込)で対象作品が聴き放題

Audible(オーディブル)」は月額1,500円(税込)の聴き放題サービスがあります。

ただ、「Audible(オーディブル)」に対応した作品の全てが聴き放題に対応しているわけではなく、対象外があるので視聴する際は中止が必要です。

「聴くだけ」なのでイヤホンを耳に挿すだけ

本を読む場合は「本」や「電子書籍」を手に取り紙面を見続ける必要がありますが、「Audible(オーディブル)」はイヤホンを耳に挿しているだけで楽しめます。

通勤電車で立ちながら、また家事をやりながら本を楽しめる手軽さが「Audible(オーディブル)」の最大の魅力です。

品揃えが豊富

「Amazon」のサービスなので、本の品揃えが豊富なのも大きな魅力の一つです。

対象作品はなんと12万冊以上です。

Audible(オーディブル)聴き放題以外の本でもKindleより安価な場合がある

本にもよりますが、「Audible(オーディブル)」聴き放題対象外の作品でも、「Kindle」で購入するより「Audible(オーディブル)」で購入した方が安価になる場合があります。

Kindle」で購入されることを考えている場合は、一度「Audible(オーディブル)」での購入を検討されることをお勧めします。

\今なら2ヶ月無料キャンペーン実施中!/
Audible(オーディブル) 公式HPはこちら

「Audible(オーディブル)」の料金プラン

Audible(オーディブル)」は2022年1月27日より、有料の会員プランでオーディオブックやポッドキャストなど12万以上のタイトルが聴き放題になりました。

会員プランの内容比較

2022/1/27以降、月額料金は1,500円のまま、聴き放題の対象作品が大幅に増えました。

オーディオブック、ポッドキャストなど12万以上のタイトルが聴き放題の対象になり、これに伴いこれまで毎月もらえていたコインの支給は無くなりました。

これまで (1/27〜)聴き放題
月額料金 1,500円(税込) 1,500円(税込)
聴き放題の対象 ポッドキャストのみ 12万以上のオーディオブック、ポッドキャスト
コイン 毎月1枚 廃止
再生方法 オフラインのみ オンライン/ストリーミング

またオフライン再生に加えて、ストリーミング再生にも対応したことにより、通勤時間や家事の最中にも気軽に本を聴けるようになったのは非常に大きなサービス改善と言えます。

「Audible」と「audiobook.jp」の料金・配信数を徹底比較!

定額制のオーディオブック(ボイスブック)サービスは「Audible(オーディブル)」と「audiobook.jp」の2強となります。

他社と大きく差を付けている「Audible(オーディブル)」と「audiobook.jp」の料金・配信数を比較した結果は以下の通りです。


サービス
Audible audiobook.jp
聴き放題 月額会員
月額料金(税込) 1,500円 880円 550〜3.3万円
配信数 40万冊以上 1万冊以上 2.6万冊
無料お試し期間 30日間 14日間 無し

続いて「Audible(オーディブル)」と「audiobook.jp」の違いを解説していきます。

「Audible」は収録数約40万冊以上!

Audible(オーディブル)」は配信月額1,500円で、12万以上のオーディオブックやポッドキャストが聴き放題です。

また購入できるタイトルも含めると40万以上のタイトルを配信しています。

オーディオブックの相場は1冊あたり2,000~4,000円と、電子書籍や紙の本と比べても高く、高額なものでは1万円を超える本もあるので、一冊読めば本は余裕で取れてしまいます。

値段を問わず月額1,500円で聴き放題なのは非常にコスパが良いと言えます。

なお、クレジットカード、デビットカードでの個別購入では、聴き放題対象外のオーディオブックを定価の30%オフで購入することもできるため、お得感が大きいのも魅力です。

\今なら2ヶ月無料キャンペーン実施中!/
Audible(オーディブル) 公式HPはこちら

「audiobook.jp」は月額880円で聴き放題

「audiobook.jp」では月額880円の聴き放題プランがあり、Audible(オーディブル)のおよそ半分の金額で好きなだけ聴けます。

ただし、料金が安価な反面、「audiobook.jp」は読み放題対象作品が少ないのが弱点です。

聴き放題の対象は1万冊ほどなので、ラインナップに物足りなさを感じます。

そのため、「audiobook.jp」は本の種類は問わず安さ重視でたくさん聴きたい方向けです。

『Audible』で購入可能なタイトルの特徴

Audible(オーディブル)は40万タイトルを配信していますが、聴き放題の対象は12万タイトル。

残りの28万タイトルは購入でしか聴けません。しかし、オーディブル会員であれば定価の30%OFFで購入可能なメリットがあります。

また洋書の収録数が豊富なので、海外の本も読みたいのならAudible(オーディブル)がおすすめです。

さらに今後は三浦しをんさんや村上春樹さんの作品のオーディオブック化を予定です。特に村上春樹さんの作品ではナレーションに高橋一生さん、木村佳乃さん、イッセー尾形さんなどの豪華キャストが制作に携わります。

『audiobook.jp』で購入可能なタイトルの特徴

『audiobook.jp』聴き放題の対象は1万冊ほど。本の種類は問わず安さ重視でたくさん聴きたい方向けです。

「Audible」と「audiobook.jp」の比較まとめ

Audible(オーディブル)」と「audiobook.jp」の料金・配信数を比較した結果は以下の通りです

Audible(オーディブル)とaudiobook.jpの比較

「Audible(オーディブル)」は毎月1,500円で、12万以上のタイトルが聴き放題
「Audible」会員はオーディオブックの購入が30%OFFでお得(1万円を超える本でもOK)
「audiobook.jp」の効き放題プランは安価だが作品の種類が少ない

以上を踏まえると、おすすめなのは「Audible(オーディブル)」となります。

「audiobook.jp」も指を咥えてることは無く日々アップデートしてくと思いますので、次回比較時はさらに充実していることを期待したいと思います。

\今なら2ヶ月無料キャンペーン実施中!/
Audible(オーディブル) 公式HPはこちら

「Audible(オーディブル)」の会員特典

Audible(オーディブル)」に登録すると、以下のお得な会員特典を受ける事ができます。

Audible(オーディブル)の会員特典

40万冊以上のラインナップ
「Audible」アプリならストリーミング、オフライン再生どちらも対応
聴き放題対象外のオーディオブックでも「Audible」会員なら30%OFFで購入できる
会員専用のポッドキャストが聴き放題

40万冊以上ものラインナップ!

オーディオブックを取り扱うサービスのなかでも、「Audible(オーディブル)」の最大の特徴は取り扱う作品数の多さです。

業界トップクラスのタイトル数を取り扱っており、種類やジャンルも豊富です。

ビジネス書や自己啓発本はもちろん、ライトノベルから洋書までさまざまなカテゴリーから自由に作品を選べます。

圧倒的なタイトル数を誇る「Audible(オーディブル)」なら、あなたの気になる作品が見つかるはず。オーディオブックを聴きたいならまず『Audible』の無料体験を試してみてはいかがでしょう。

\今なら2ヶ月無料キャンペーン実施中!/
Audible(オーディブル) 公式HPはこちら

「Audible」はストリーミング、オフライン再生のどちらもOK!

Audible(オーディブル)」のアプリではオーディオブックのストリーミング再生の他、ダウンロードをすることでオフライン環境下でもオーディオブックを再生できるので、通勤中や外での作業中でも聴けます。

データ通信量が気になる方は事前にダウンロードしましょう。

会員なら30%OFFでオーディオブックが買える

Audible(オーディブル)」会員になれば、聴き放題以外でも全ての作品が全て定価の30%OFFで購入できます。

『audiobook.jp』の還元率(27.3%)と比べると『Audible』の方が約3%お得です。

買い切りのオーディオブックを取り扱うサービスのなかではトップクラスのお得さを誇っています。

会員専用のポッドキャストが聴き放題

オーディオブックの他に用意されているのが、「Audible(オーディブル)」会員限定のポッドキャスト(インターネットラジオ)。ビジネス、エンタメ、ライフスタイルなどのさまざまなジャンルが用意されています。

過去にはポッドキャストで「ハリーポッター」作品を無料で公開していたこともあります。魅力的なコンテンツが多いので、息抜きやちょっとした学習にピッタリです。

「Audible」のメリット

メリットまとめ

ここでは、「Audible(オーディブル)」のメリットをまとめています。

Audible(オーディブル)のメリット

40万冊以上のラインナップ(読み放題対象外含む)
月額1,500円で12万冊以上の作品が読み放題
会員はオーディオブック全タイトルが30%OFFで購入可能
ストリーミング再生、オフライン再生、どちらも対応可能
会員専用のポッドキャストが聴き放題
無料お試し期間が30日(キャンペーン時は60日)あるので自分に合うか見極められる

『Audible』の最大のメリットはなんと言っても作品数。

月額1,500円で12万以上のタイトルが効き放題なのは、類似サービス大手の「audiobook.jp」と比べても圧倒的な差があります。

無料お試し期間が30日あるので自分に合うか見極められる

Audible(オーディブル)」の利用で迷われている方は、オーディオブックが自分に合うか分からないから、一歩踏み出しづらいというのが一番の理由だと思います。

その点、今なら60日間お試し期間があるので、じっくり自分に合うか試した上で、お試し期間終了後に有料契約をする事ができます。

どのオーディオブックを試したらいいか迷っている方は、好みの作品が見つかりやすい「Audible(オーディブル)」から始めてみてはいかがでしょうか。

\今なら2ヶ月無料キャンペーン実施中!/
Audible(オーディブル) 公式HPはこちら

「Audible」のデメリット

デメリットまとめ

ここでは「Audible(オーディブル)」のデメリットをまとめています。

Audible(オーディブル)のデメリット

月額料金が高いため有料契約するのが不安に感じる

あえて上げると、デメリットは料金に関するもの1点になります。

月額料金が高いため有料契約するのが不安

メリットの方にも書きましたが、「Audible(オーディブル)」の利用で迷われている方は、オーディオブックが自分に合うか分からないから、一歩踏み出しづらいというのが一番の理由だと思います。

また、月額料金の高額さもネックとなっています。

その点、今なら60日間お試し期間があるので、じっくり自分に合うか試した上で、お試し期間終了後に有料契約をする事ができます。

どのオーディオブックを試したらいいか迷っている方は、好みの作品が見つかりやすい「Audible(オーディブル)」から始めてみてはいかがでしょうか。

\今なら2ヶ月無料キャンペーン実施中!/
Audible(オーディブル) 公式HPはこちら

Audibleはどんな人に向いている?

「Audible(オーディブル)」が向いている人

Audible(オーディブル)」はビジネス書や自己啓発本はもちろん、ライトノベルから洋書までさまざまなカテゴリーから自由に作品を選ぶことができ、また読み放題対象タイトルが12万冊以上あるので、幅広いジャンルや作品を聴きたいという方におすすめです。

特にビジネス書や語学などスキルアップ系のタイトルも豊富。スキマ時間に新しい知識を得るなんて使い方もアリです。

Audibleが向いていない人

月額料金が気になる人は『Audible』に向いていません。

安く済ませたいという方は『audiobook.jp』の方が良いでしょう。

「Audible」の退会方

Audible(オーディブル)」は以下の手順で解約・退会する事ができます。

1.Audibleトップページからアカウントサービスにアクセス

Audibleのトップページ上段からアカウントサービスにアクセスします。

2.「退会手続きへ」をクリック

3.「このまま退会手続きを行う」を選択

5.「退会手続きを完了する」をクリックで退会完了

6.アンケートに回答して「次へ」

まとめ

『Audible』はお得さも作品数も圧倒的!

オーディオブックの30%割引や40万冊以上のラインナップを備えた「Audible(オーディブル)」はオーディオブックのサービスの中で間違いなくトップと言えます。

”聴く読書”を始めてみたいと考えている方は、「Audible(オーディブル)」を選んでおけば間違いありません。

30日以内に退会すれば料金は発生しないので、まずは気軽に試してみましょう。

\今なら2ヶ月無料キャンペーン実施中!/
Audible(オーディブル) 公式HPはこちら

関連リンク

電子書籍|Kindle Unlimited の料金・魅力・メリット等を解説|2022年「Kindle Unlimited」についておすすめな理由と、メリット・デメリットやどんな人に向いているかをご紹介しています。「Kindle Unlimited」は本、小説、漫画、雑誌、実用書、ホビーなど、充実ラインナップのAmazon(アマゾン)の電子書籍読み放題サービスです。...
電子書籍|Kindle Unlimitedの解約・退会方法・注意点を解説|2022年「Kindle Unlimited」の解約・退会方法や、退会時の注意点をまとめています。「Kindle Unlimited」は自動更新のサブスクリプションサービスとなっており、更新日のタイミングに定額料金が支払われるシステムとなっています。解約は自動更新を止めるだけなのですが、Amazonとしては解約を引き止めたいため、やり方が若干分かり辛くなっています。今回の記事では、「Kindle Unlimited」の解約・退会の方法や、解約すべきタイミング触れていきます。...
電子書籍|dマガジン、楽天マガジン、Kindle Unlimitedを徹底比較|2022年「dマガジン」「楽天マガジン」「Kindle Unlimited」の比較まとめについて解説しています。雑誌のサブスクリプションの代表格の「dマガジン」と「楽天マガジン」と「Kindle Unlimited」。この記事を読まれている方は、「dマガジン」と「楽天マガジン」と「Kindle Unlimited」のどれを利用しようか迷っていませんか?...
電子書籍|楽天マガジンの評判は?料金、魅力、メリット・デメリットや解約方法を解説|2022「楽天マガジン」について、世間の評判や料金、魅力、メリット・デメリット、解約方法を解説しています。雑誌読み放題サービスの代表格「楽天マガジン」と「dマガジン」と「Kindle Unlimited」。この記事を読まれている方はどれを利用しようか迷っていませんか?...
電子書籍|dマガジンと楽天マガジンを徹底比較!雑誌読み放題最強はどっち?|2022「dマガジン」と「楽天マガジン」の比較まとめについて解説しています。雑誌のサブスクリプションの代表格の「dマガジン」と「楽天マガジン」。この二つのサービスは「料金」「読める雑誌」がほぼ互角なので、どっちを利用しようか迷ってる人が多いのではないでしょうか?「とにかくどっちにすればいいのか結論だけを知りたい!」という人向けに結論から先にお伝えしてしまうと、楽天マガジンがおすすめです。...
電子書籍|ブック放題の評判は?料金、魅力、メリット・デメリットを解説|2022「ブック放題」について、世間の評判や料金、魅力、メリット・デメリット、解約方法を解説しています。「ブック放題」は月額550円(税込)という安価な設定ながら、「漫画40,000冊以上」「漫画雑誌80冊以上」が読める上、更に「雑誌700冊以上」という特徴があります。雑誌読み放題サービスの最安価格「楽天マガジン」の月額418円(税込)なので、150円程度高い料金価格になりますが、「楽天マガジン」には無い「漫画40,000冊以上」「漫画雑誌80冊以上」が閲覧可能なため、かなりお得なサービス内容となっています。...
電子書籍|コミックシーモア読み放題の料金・評判・メリット・解約方法を解説|2022「コミックシーモア」について、世間の評判や料金、メリット・デメリット、解約方法を解説しています。「スマホで漫画」と言ったら『コミックシーモア』というくらい、ここ数年で一気に知名度を上げている電子書籍サービスの「コミックシーモア」。竹内涼真さん、中条あやみさんが出演するコミカルなCMは誰もが見た事があるのではないでしょうか。そんな「コミックシーモア」は92万冊以上の電子書籍を配信する大人気サービスで、読める冊数は日々増えていっています。今回はそんな「コミックシーモア」の特徴や世間の口コミ、メリット・デメリットについて徹底的にまとめました。...
電子書籍|コミックシーモア読み放題の料金・評判・メリット・解約方法を解説|2022「コミックシーモア」について、世間の評判や料金、メリット・デメリット、解約方法を解説しています。「スマホで漫画」と言ったら『コミックシーモア』というくらい、ここ数年で一気に知名度を上げている電子書籍サービスの「コミックシーモア」。竹内涼真さん、中条あやみさんが出演するコミカルなCMは誰もが見た事があるのではないでしょうか。そんな「コミックシーモア」は92万冊以上の電子書籍を配信する大人気サービスで、読める冊数は日々増えていっています。今回はそんな「コミックシーモア」の特徴や世間の口コミ、メリット・デメリットについて徹底的にまとめました。...
2022年最新|audiobook.jpの魅力/料金/評判/メリット/解約方法を解説!朗読を聴いて、本を”耳”で読む。「audiobook.jp」について、おすすめな理由や料金、メリット・デメリットを解説しています。 ...
2022年最新|audibleとaudiobookを徹底比較!料金・メリットを解説!朗読を聴いて、本を”耳”で読む新習慣の「オーディオブック」。この「オーディオブック」の2大サービス「Audible(オーディブル)」と「audiobook.jp」について料金、メリット・デメリットの比較を解説しています。この比較的新しいサービスである「オーディオブック」は、Amazonが提供する「Audible(オーディブル)」と、オトバンクが提供する「audiobook.jp(オーディオブックジェーピー)」の業界2強となっており、どちらを利用するかで迷っている人は多いと思います。本記事では、Audibleとaudiobook.jpを様々な視点から比較していきます。どちらのサービスが自分にあっているか、悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。...
電子書籍|Renta!の魅力/料金/サービス内容/メリット/退会方法を解説|2022「Renta!」について、世間の評判や料金、魅力、メリット・デメリット、解約方法を解説しています。俳優の神木隆之介さんとロバート秋山さんのCMで有名な漫画レンタルサービスの大手「Renta!」。みなさんもテレビで1度は見かけた事があるのではないでしょうか。...
電子書籍|「Renta!」vs「シーモア」徹底比較!漫画レンタル最強はシーモア|2022電子書籍レンタルサービスの大手2社である「Renta!」と「コミックシーモア」を徹底比較しました。 近年は電子書籍の普及で、毎日のように「漫画レンタルサービス」のCMを目にします。きっと「もっとお得にマンガや小説を読める方法はないの?」と思っている方も多いはず。そんな方に、おすすめなのが電子書籍のレンタルです。本記事で、「コミックシーモアのレンタル」「Renta!」を比較し、それぞれの特徴やメリット・でリットを紹介しています。サービスを利用する際の参考にしてみてください。...

フォローよろしくお願いします。

[vkExUnit_ad area=after]
ABOUT ME
bananamoon
サブカルチャー情報を総合的に発信しています。主にポケモンGOの攻略情報、おすすめゲームソフトの紹介、雑誌・漫画のサブスクリプションの情報を取り扱います。
PAGE TOP